色いろ探し

猫チョコ大好き♡ Cafe巡りと旅行、ニュージーランドをこよなく愛するあやかです! ワーホリや留学、リアルな情報をゆるりと発信していきます!

ワーホリや留学先での語学上達の為にとても必要で知っておいて欲しい事

こんにちわ!ニュージーランドでワーキングホリデー中のあやか【あやか🇳🇿💕TABIJO*JGC修行中 (@niii_ovo) | Twitter】です。

今日の話題はみなさんにお聞きしたワーホリ、留学の不安なことについてです。

 

ランキング参加しています♪

にほんブログ村
ポチりとご協力お願いします。

 

目次

さて、先日Twitterでアンケートを実施。
総計61人の方が協力してくださいました。 ありがとうございます!

アンケートの内容はコチラ。

留学やワーホリに行く前の不安に思うことについてみなさんにお聞きしたところ… 結果は一番不安に思っていることは語学力
しかし
僅差で仕事探し家探しお金に関する事
ほとんど差がないのでこの三つはほぼ同じ位みなさん不安に感じているのかなという印象を受けました。

ワーホリをまさに今体験をしてるからそこ思う事がたくさんあります。

今日は1番票の多かった語学の事について

 

語学力は実際どのくらい必要なのか

f:id:niii-123:20171028133148j:image

何を目標にしているかでこれは大きく変わってきます
ローカルのレストランで働きたい、まぁ行ったらどうにかなるかな…
お分かりかもしれませんが、
そんな甘い話ありません
英語が出来ないのに英語を母国語にしている人たちにきちんとした接客は出来るでしょうか?

海外生活を楽しみたい、その国を楽しみたいという目的であれば
挨拶と何個か使い勝手のいい単語を覚えていれば、海外生活は特に問題なく送れるでしょう。
日本人コミュニティがあるので確実に日本語での助けがあります。
Blogもその一つですよね。

 

せっかく行くなら外国人の友達を作りたいな。と思っている方。

友達と会話するのに完璧な英語力は必要ありません。(話せないと凹みますが)

楽しみながら気持ちと気持ちで、ジェスチャーだって使ってなんとか伝えられます。最初は話せなくても、もっと話したいと思う気持ちがあれば会話の中で勉強していけます。もっとこうやって話したいという欲が出てくるキッカケにもなると思います。

  

 

どの位準備すればいいの?

実際、私はワーホリに来る前にたくさんの準備をしたつもりです。

  1. 単語・熟語をひたすら暗記
  2. 独学で文法の勉強
  3. スカイプでのオンライン英会話
  4. 実際に足を運ぶ英会話教室

それを経て セブ島に語学留学

 

ここまでしましたが、セブ島では英語を思うように話せなくって、先生の前で泣きました。笑 ワーホリや留学を決めてから、約1年間ガッツリ勉強していたのに、思うようには話せませんでした。

ちゃんと準備したつもりだったのに

確かに先生が言っている事は判る事もあります。しかし、自分が想像してた以上に判らない事が多すぎて戸惑いました。

ワーホリ行って大丈夫なのかな。
勉強の仕方が悪かったのか
こんな自分で大丈夫なのか
不安が募る一方でした。

 

じゃあ、どうやって不安を解消していったのか?

f:id:niii-123:20171029211013j:plain

話せない、けれど英語の授業は受けなければならない。英語だらけが辛い…そんな風にまで思うようになりました。

しかし、その環境の中だったからこそ、気づかされたのが英語を話すことに抵抗をなくす練習が必要だということ。

今までの勉強法は

  1. 教科書上での文法や単語の勉強 
  2. スカイプレッスンはシチュエーション別の会話文をベースにした勉強
  3. 地元の英会話教室では自分のレベルが低すぎて、会話をして、それを直してもらうとかいう次元じゃなかった。

と、気づいたんです。

教科書に載っている文法や単語帳の勉強だけでは、やはり自分の話題を話す時にどうしても文章に出来ないんですよね。その単語をどうやって自分の会話の中に入れ込んでゆくかが問題…

そこで私が行ったのは

  1. 自分の中の言葉を文章にする事(例えば英語日記)
  2. 言葉にして誰かと話す事

それに気づいてからは、セブ留学の間びっしり行いました。
覚えた単語やフレーズは積極的に取り入れて次の授業で試してみる
すると自分の口癖のようなものを簡単に英語にできたり、英語で会話をする時に感じる恥じらいや日本語との違和感が少しなくなりました。

 

 

"なんとなく"ではなく、しっかり英語と向き合ったのは何年目ですか?

f:id:niii-123:20171029215319j:plain英語全然できないよー
みんな始めてたった少しなのに、このフレーズをよく聞きます。(私も含めて)

では、2歳くらいの子供は大人のように言葉を流暢に話せますか?

この例え話はアルゼンチンのシェアメイトが、悔しくて泣いてしまった私にしてくれたものでした。
英語をきちんと勉強してたった1年?赤ちゃんと一緒じゃない。
その言葉に私はとっても救われました。赤ちゃんは覚えている単語も少ないし、フレーズも間違っていたりしますよね。
私たちもそうなんです。
1年や2年でペラペラになれる訳ではありません。いろんな人と会話して、勉強して、それでもまだ知らない事はでてきます。

 英語を耳にする環境になると、勉強してたことが点から線になります。たくさん不安はあると思いますが、知識は絶対にあなたを裏切りません。英語を使うという行為自体に慣れてもきます。

日本人で既に英語を話せる人でも、毎日少しずつ勉強している。判らない単語はメモする…などと言っていました。

語学の習得は時間がかかるし難しいので、自分の目指す場所、目標を決めて勉強や生活をしていくと色々と自分の課題がみえてくるため、少しは不安が解消されるのではないでしょうか?

 

最後に…

目標を決めないと、たったの1年のワーホリましてや短期留学なんていうものはあっという間に終わってしまいます!

あなたはどこまでの語学力を目指しますか?

長くなってしまったので今日はここまでにします。次回はお金に関するリアルでシビアな話を!お楽しみに?!

 

Infomation

TABIJO[タビジョ] 女性のための旅団体 旅美女会にて記事を書いています!
↓今日の話題の記事はコチラから

tabijo.jp

 

読んでいただきありがとうございました。一緒に頑張りましょう!!