色いろ探し

猫チョコ大好き♡ Cafe巡りと旅行、ニュージーランドをこよなく愛するあやかです! ワーホリや留学、リアルな情報をゆるりと発信していきます!

ニュージーランドの世界遺産トンガリロでトレッキング!準備すべき持ち物大公開

f:id:niii-123:20180325055117p:plain

こんにちわ、ニュージーランドのワーホリ中に大自然の中を歩くことの楽しさを知ったあやかです【あやか@TABIJO*Nzワーホリ終 (@niii_ovo) | Twitter

 

日本ではトレッキングや登山はほぼ経験のない初心者でした。そんな私だったので、登山グッツはほとんどもっておらず…自分の持ち物を装備してニュージーランドではトレッキングを楽しんできました!

今回は完全装備をもっていない人でも楽しめるように、最低限の揃えて行くべき身の回りの持ち物についてご紹介します♡


今回は全長19.4㎞。たくさんの大自然をもつニュージーランドの中でも美しいと言われている、世界遺産のトンガリロ、アルパイン・クロッシング(日帰りトレッキング)に行った時の装備についてです。

 

目次

 

トンガリロの夏のトレッキングに最適な服装とは?

汗をかいたらひんやり、寒い時は暖かかくなるインナーとかもってない!
なんて人、安心してください!私もそんなの持っていません!笑

トレッキング初心者の私が身に着けていったものをまずはご紹介します。f:id:niii-123:20180324180408j:plain

上からキャップサングラスMacpac(マックパック) 防水ジャンパーストレッチジーンズ長靴下Keenサンダル

防水ジャンパーの中は

f:id:niii-123:20180324182616j:image

夏で登っている時は暑いので薄手の長袖を着ていました。Tシャツにしようか迷ったんですが、脱いだ時の紫外線の事も考えて長袖にしました。
山頂付近はとても寒くて、この長袖プラス UNIQLO カーディガン防水ジャンパーを着ていました。

 

私の服装から考察!身に着けるものの注意点

実際にこの装備で登山を終えて思った事です。

キャップ、サングラス

絶対に必要です。これがないと日差しが強すぎて体力の消耗に加え、きちんと周りを見ることができないので本当に危険です!

 

防水ジャンパー、インナー

トンガリロを縦断するこのコースなんですが、アップダウンが激しいので汗をよくかくのに、山頂は寒い。そして天候が変わりやすい。この事から防水ジャンパーは絶対に持っていくべきです。場所によって気温差があるので中に羽織れるもう一枚あると便利です。下に着るのはTシャツでもいいとは思いますが日差しが強いので、日焼け対策は万全にしましょう。

防水ジャンパーに関しては、北島だと冬は霧雨や通り雨がほぼ毎日降るので、ワーホリで1年通してニュージーランドにいる方ならあった方が便利なので買っても損にはなりません!

 

ストレッチジーンズ

いつもなら快適なストレッチジーンズも、この時ばかりは苦痛でした。笑

生地が厚くて歩けば歩くほど重く感じました。それで大きな問題はないんですが、ジーンズではない動きやすいものを準備した方が快適に登れるのではないかと思いました。

ちなみに他の登山客は…

f:id:niii-123:20180324185949j:image
フィットネス用のレギンスや登山用の長ズボン

f:id:niii-123:20180324190115j:image
登山用のハーフパンツを履いている人を多く見ました。

ニュージーランドには他にもたくさんのトレッキングコースや自然のアクティビティがあるので、1枚登山用のしっかりしたものを買ってもこれっきりにならず使えるのではないかと思います!

 

Keenのサンダル+長靴下

f:id:niii-123:20180324190407j:image
この組み合わせで他の色々な場所に行っていましたが、トンガリロにはおススメできません!
頂上までの登りは快適なんですが…その場所からの下りが細かい砂利と柔らかい土。急斜面に加えて土が柔らかいので簡単に足を取られてしまいます。

そこでこのサンダルだと、中に砂が入り放題!転げ落ちそうになる体を支えるのに力が入るのに砂利で足が痛くて地獄でした。。

おススメはやはり登山靴なんでしょうけど、ワーホリ中の人には荷物になってしまう持ち物なので、白以外のスニーカーをお勧めします!スニーカーでも底が薄いものは歩くのが辛くなるので、厚めのものがおススメです。

 

 

トンガリロトレッキングに持って行ったカバンとカバンの中身とは

カバンはBURTON ANNEX PACK(28リットル)

ワーホリ生活で毎日使っていたものをそのまま持って行きました。

バートン BURTON リュック【10%OFFセール 送料無料 即日発送可】アネックスパック 28リットル Annex Pack 28L 【13655100 16339101】リュックサック バッグ バックパック デイパック

価格:11,664円
(2018/3/25 04:06時点)
感想(0件)

■機能
・パッド付きパソコン収納スペース(46cm x 25.5cm x 5cm)
・タブレット端末や小さめのノートPC用スリーブ(29cm x 19cm)
・外側の複数のアクセサリーポケット
・キークリップ
・内側のオーガナイザー
ジャケットやヨガマットなどを装着できる調節可能なウェビング

■サイズ:51cmx27cmx18cm
■容量:28L
■重量:0.9kg

引用:楽天市場

このカバンとても軽くて薄いのにしっかりしていてお気に入りです!
チェストベルト(胸)はついていますが、ウエストベルト(腰)はついていません。

f:id:niii-123:20180325042408j:plain暑い時はこのように、上のウエビングと呼ばれる調節できる紐に防水ジャンパーを装着できたり、キャップを穴に通してかけることも。

左右にペットボトルが入るポケット、外側に三つのジッパー付き収納ポケットがありとても便利です!登山専用のバックではありませんが、普段使いもできてトレッキングでも問題なく使えるのでかなりおすすめです!

背負った感じは…

f:id:niii-123:20180324195442j:plainこんな感じになります。ちなみに日帰りトレッキングなので、もう少し小さなサイズのリュックを持っている人も多くみられました。

f:id:niii-123:20180325035541j:plain

 

気になるカバンの中身は…?

水 2ℓ(1.5ℓのペットボトルと500mlのタンブラー)
・簡単に口に入れられるような昼食(サンドイッチ×3)
・軽食(チョコレートなど)
・汗拭きタオル
・日焼け止め
・一眼レフ(替えバッテリー×1、広角レンズ、標準レンズ)
・トンガリロの地図
・スマホの充電器

・寒い時用のカーディガン
・サングラス

その他は登山用ストック(宿で貸してもらったもの)

を持って行きました。

休憩も含めて約6時間半から7時間のトレッキングなんですが、実際に踏破して感じたのは水は絶対に2ℓは持って行くべきなのかな、と思いました。

広角レンズに関してはものすごく重かったですが、標準レンズでは収まりきらないようなダイナミックな自然を撮ることができるので、持って行っても全く損はしません!むしろ持って行かないほうが後悔しそうなくらいです。

登山用ストックは本当に持って行ってよかったです!!!ストックに重心を預けられるので登り、下りどちらも体への負担が確実に減っていました。ないと辛すぎて挫折してたんじゃないかと思います。笑

 

 

夏のトンガリロを楽しむ為の注意点

f:id:niii-123:20180325061150j:plain
Photo by Ayaka

私が登ったのは1月、ニュージーランドは真夏です。冬には深い雪に覆われてガイドさんをつけないと登れない山になります。季節によっても装備が違うので、必ずしっかりと天候や装備を確認しましょう!!!

ちなみに私が拠点にしたのはマナワツ・ワンガヌイ地方 ナショナル・パークです。
ここはNorthern Expless(電車)の駅がある場所ではあるですが、小さな町で大きなデパートなどがありません。なので、身に着けるものの準備等は必ず大きな都市でしてからナショナルパークに向かうようにしましょう!

大きな道路沿いにスタンドがあり、その中のコンビニに少しだけトレッキングに使えるグッツが売っているので、ちょっとした買い出しならばそこを訪れてみるのもいいかもしれません。

アルパインクロッシングに向かうのは早朝。来る前、前日までにはある程度の食糧も含めて準備しておくのがベターだと思いました。

 

*Information*

GAS National Park

f:id:niii-123:20180325062749j:image

 

みなさんのトレッキングの参考になればうれしいです!天気に恵まれて素敵なトレッキングになりますように♡

ニュージーランドですっかりトレッキング大好きになったあやかでした