色いろ探し

28歳の迷い人が、6年半勤めた会社を辞めて海外にいろんなものを探しに旅立ちます~

私が我慢せずやりたいことをしている理由。

こんにちわ!
ワーホリ後半戦を迎え、最近色々考えているあやかです。

 

突然ですが…みなさん。

 

人生の分岐点はいままでにいくつありましたか?

f:id:niii-123:20170807122113j:plain

学校の卒業、就職や結婚など、人生には自分が変わる地点というものがあります。

私にももちろん分岐点はたくさんあって
高校を卒業し、進路を決めて資格を取り就職をしました。

専門職だったのもあり、一人前になるまで、周りに頼りにされる存在になるまでは絶対にやり遂げようと考えていました。

 

そして、時は流れ6年半。

人生の分岐点を迎えます。

 

仕事を辞めて海外で生活て英語を学ぼう。

ワーホリへ行く、という決断をしました。 

 

 

なぜ決断をしたのか?

f:id:niii-123:20170808202819j:image

なぜならば、後悔したくないから

たったそれだけの事。

けれど、私にとっては “それだけの事” ではない程大切な思いだったんです。

 

“後悔先に立たず”

そんなことわざもありますよね。

 

なぜここまで強く思うかというと…

 

 

人の死を間近で感じ、私の中で価値観が180度変わったからです。

 

 

 

価値観が変わった瞬間

f:id:niii-123:20170808231202j:image

大切な人を病気で亡くしました。

病気なんてなりたくてなる人なんて誰も居ません。そして、いつ自分の身に起こるかなんてわからない事ですよね。

 

これから、好きな人と一緒に人生を楽しもうと思ってた時だったのに…ね。

 

この言葉を聞いた時、胸が張り裂けそうでした。

 

 

“いつか。 次の機会に。”

そう考え望んでいても、できなくなってしまう事があるんだという事に気づかされました。

 

当時、まだまだ若かった私は

自分の人生が終わる瞬間の事

そんな事を考えたことがありませんでしたから。

 

 

 

我慢せずやりたいことをする。ということは…?

f:id:niii-123:20170808232503j:image

大切な人とのお別れは、自分のやりたい事と向き合うキッカケになりました。

 

やりたい事を我慢しないでする。

 

言い変えるならば

やりたい事にチャレンジする。

自分の中の小さな好奇心でも大切にする。

という言葉が最適かもしれません。

 

長くたって短くたって人生はたった1回

自分が自分でいられるのはたった1回

 

出来るのにやらないのは勿体無いな

私はそう思いました。

 

 

だって、もしかしたらあなたの中に眠って居る小さな好奇心が、いつか花開いて大きな人生の財産になるかもしれないんですもん!

 

それは私も同じ。みんな同じ。

 

たまたまワーキングホリデーという大きな分岐点になる結果に私は結びつきましたが、日々の中でもたくさんの好奇心を大切にしています。

 

 

 

最後まで読んでくださったあなた、何かやりたいことがあったり、何か始めようとしているのでは…?

(違ったらゴメンなさい。笑)

 

 

何かのキッカケになれたら、この記事を届けたいなと思った私の力にもなります♡

 

 

 

私が我慢せずにやりたいことをしている理由

それは、

後悔しない日々を送るため!!!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♡